こころとからだ

ヨガと心理学について学んだこと、感じたことをまとめていきます。

丹田呼吸

おはようございます。

('ω')ノ

 

昨日は台風の影響ですごい雨でしたが、

無事に過ぎ去って、

今朝は気持ちのいいスタートで…、

と思っていたら、なんと、雨が降ってきました…。

あれま(^_^;)

 

🍂🍂🍂🍂🍂🍂

 

 

さて、

丹田呼吸健康法

村木弘昌著

という本を読んでいるところです。

 

 単なる横隔膜のみの腹呼吸では、このような強い腹圧はかからない。丹田呼吸では、強い腹圧が形成されるために、腹腔内の臓器という臓器は、すべてその静脈血が心臓へ強力にしぼり上げられる。そこへまた動脈血が流れ込むということが繰り返されるために、臓器はすべて活発な働きを営むことができる。

 このことは、とりもなおさず丹田呼吸がすぐれた内臓の強化法であることを意味している。

 呼息あるいは吸息のいずれかに強い腹圧を伴わせるという僅かな呼吸法の工夫が、生体の運営に驚くべき変革をもたらすことは、まことに興味のつきないものがある。

 

とっても力のある文章です。

身体を強くするためには、やはり、呼吸によく注意を払うべきだなって思います。