こころとからだ

ヨガと心理学について学んだこと、感じたことをまとめていきます。

心はなぜ傷つくのか

 

こんにちは。 ('ω')ノ

雨が降ってきました。

アスファルトや街路樹が気持ちよく濡れてゆきます。

雨音を聞きながら午後を過ごすのもいいですね。

 

☂ ☂ ☂ ☂

 

さて、

以前、私はこんなことを思っていました。

 

心が傷つくのは自分が弱いからだ。

強くなれば傷つかない。

傷つかなければ恐れずに進んでいける。

 

でも、

頑張っても頑張っても心は傷つきます。

元気なふりをして装ってみても、やはり心は傷つくのです。

周囲を見回しても、みんなちょっとした言葉や態度で傷ついています。

 

 

ふと、思いました。

 

本当に弱いから傷つくのか…。

傷つくことは悪いことなのか…。

 

違いました。

 

「傷つく」という心の作用があるから、

私たちは学ぶことができます。

傷ついて、しゅんとして、しょぼんとして、

自分の行いを顧みるのです。

そして、 自分の問題、他人の問題を整理します。

 

整理することで、起こった出来事を受け入れ、

前に進んでいくのだと思います。

 

ではまた。

('ω')ノ