こころとからだ

ヨガと心理学について学んだこと、感じたことをまとめていきます。

慈悲の瞑想2(嫌いな人々について)

こんにちは(^^)/

今日も素晴らしい青空です。

 

🌻🌻🌻🌻🌻

 

 

さて、慈悲の瞑想のなかにこのような言葉があります。

 

「私の嫌いな人々も幸せでありますように」

「私を嫌っている人々も幸せでありますように」

 

瞑想をするときに違和感を感じたら、

言葉の置き換えをしててくださいと前回の記事に書きました。

 

例えば、

「私の嫌いな人々」を「私」にしたり、

「私を嫌っている人々」を「私の親しい人々」にしたり。

そして、自分を評価したり裁かないことが大事です。

 

ある心理学の先生によると、

「すべての人を好きになることはできない」

のだそうです。

理由をお聞きすることはできませんでしたが、

私なりに考えると、

人は多様な生き物で、考え方も多様だからだと思っています。

 

自分と違う部分を尊重できるといいのですが、

当然葛藤が生まれるでしょう。

それで良いのだと思います。

 

( ˘ω˘ )