こころとからだ

ヨガと心理学について学んだこと、感じたことをまとめていきます。

瞑想

おはようございます(^^)/

 

今年から瞑想のクラスに通っています。

月に3回から4回。

 

じっと座っているのってしんどいなぁと思っていましたが、

瞑想だけでなく、体も動かすので無理なくできるようになりました。

 

10分呼吸法→20分アサナ→20分瞑想→20分アサナ→20分瞑想、

ビギナーには最適なプログラムです。

 

 

どんな変化があったかというと、 

 

湿疹の痒みがちょっと軽くなりました (・o・)

痒いって結構辛いんです。

 

さて、なぜそのような現象が起きたか?

 

搔くことによってヒスタミンという痒みの物質がでるそうなのですが、

集中力が高まることにより、搔く回数が減ったのではないかと考えています。

 

つまり、

乾燥や下着のしめつけにより痒みがでる→搔く→ヒスタミンが分泌される→痒い→搔く

というサイクルが、

瞑想することにより集中力が高まり、

乾燥や下着のしめつけにより痒みがでる→搔かない→ヒスタミンが分泌されない

というサイクルに変わったのではないかと思っています。

 

ま、多少は搔いちゃいますけどね('ω')

 

 

 

 

バウンダリー(心の境界線)1

ゲシュタルトの祈り

私は私のために

あなたはあなたのために生きる

私はあなたの期待に沿うために

この世界にいるのではなく

あなたも私の期待に沿うために

この世界にいるのではない

私は私

あなたはあなた

もし私達が偶然にでも出会うならそれは素晴らしいこと

もしそうでないのなら

それもまたよし

 

 

フレデリックッツ・パールズ

 

 

どんな場合でも境界線は大事です。

けれど、様々な事情(虐待、条件付きの愛など)により

自分と他人の境界線がわからずに、

苦しんでいる人が多くいると思います。

もしかすると、自分の苦しみに気づくこともできずにいるかもしれません。

こんなものだと思っているかもしれません。

 

心にしろ身体にしろ、アンバランスに気づくのは、

バランスが整った後だと思います。

爽快さを味わい、過去を振り返り、自分の歪みに気づくものかもしれません。

 

('ω')